外反母趾

こんなお悩みありませんか?

gaihan-boshi
  1. 外反母趾で合う靴がない
  2. 可愛いヒールを履きたいけれど足が痛い
  3. 年々外反母趾がひどくなる
  4. 病院では手術を勧められている
  5. 足を人前に出すのが恥ずかしい
距骨の内倒れ

足首にある距骨が内側に傾くことで重心が親指に移動してしまい、親指の付け根に必要以上に負荷がかかり外反母趾の原因となります。

足に合わない靴の使用

足の形やサイズに合わない靴を履き続けることで踵が滑ったり、足指が圧迫され機能が低下し、足の指が浮いた状態になります。

アーチの低下

運動不足や加齢により足の筋力が低下し、アーチがさがることで歩行時の衝撃を吸収しづらくなり、不自然な歩き方をおこします。

大阪フットバランス整体院|外反母趾のビフォーアフター

  • 施術4回後 外反母趾

    ※効果には個人差があり、保証するものではありません。

大阪フットバランス整体院|外反母趾と内反小趾について

外反母趾は、先ほども述べた通り、先の細い靴を履く事や偏平足、遺伝などもありますが先の細い靴を履くのをやめても外反母趾は治りませんし、遺伝による足の形は難しい場合があります。しかし、歩き出した時から外反母趾や内反小趾の人はいません。
日常生活の何らかの癖や習慣で身体が歪み、外反母趾や内反小趾になっていきます。その歪みの元から改善することで外反母趾や内反小趾の痛みが緩和したり、足の親指や小指の根元が元の正しい位置に戻ってきます。

左の図を見てもらっても分かるように、膝が外をむいている場合は、距骨も外をむいているので小指に力が入り、親指が浮いた状態になります。これが内反小趾の原因です。
内反小趾になると、小指が薬指に食い込んだような形になり痛みが出たり、歩行バランスが悪くなり疲労がたまりやすくなります。O脚やがに股の人に多い傾向があります。
逆に、X脚と呼ばれるような膝が内側に向いている方は、距骨も内側に向いており親指に力が入り、外反母趾となります。いずれも土台となる足首の真ん中にある距骨を整える事が大切です。大阪フットバランス整体院では、土台の距骨を整えるのを中心に、骨盤矯正や背骨を整えていき外反母趾治療や再発を防止していきます。

大阪フットバランス整体院|外反母趾・内反小趾施術

フットバランス整体院では、外反母趾や内反小趾の痛みをとることを優先して施術を行います。
その後は、外反母趾、内反小趾の原因となっている、距骨の捻じれや歪みをとっていき、骨盤や背骨を整えていきます。
柔道整復師の国家資格を持っているので、安心して受けて頂けます。
お一人お一人の症状や、足のアーチなどをしっかりとみさせていただくためにも、初回はフットプリントで足の裏や指の状態を見させていただきます。